妊娠中・授乳中の方と花粉症

あったかくなって来たなーとウキウキすると同時にムズムズし始める目と鼻…

そう、私も花粉症(涙)。

「授乳中ですが、 花粉症のお薬って飲んでもいいものでしょうか~!?」

産後ママさんからご相談いただきましたので、皆さんにも回答をシェアしますね。

花粉症とは?

アレルギーの原因物質にもよりますが、春や秋に症状が出ることが一般的で、鼻汁、鼻閉、目のかゆみなどが主な症状です。

花粉症に用いられるくすりの種類

くすりはそれぞれの症状に対処する薬とアレルギー全体に対処する薬があります。抗ヒスタミン薬や点鼻や点眼など局所に用いる薬、経口または局所ステロイド薬(点眼や点鼻)があります。妊娠中や授乳中に使える薬を見ていきましょう。

眠気が強い薬は避けよう

花粉症に用いられるお母さんだけでなく赤ちゃんにも眠気を催すものがあり、鎮静作用がない新しい抗ヒスタミン薬(第二世代)を選択することが必要です。眠気を伴わない抗ヒスタミン薬(フェキソフェナジン塩酸塩:アレグラ®、ロラタジン;クラリチン®)を選択されると良いかもしれません。

眠気が強い薬は避けよう

点鼻薬、点眼薬については通常量であれば血液中への移行はほとんどないため、妊娠中、授乳中でも安心して使用できます。

妊娠中は産婦人科医へ相談、産後は薬剤師へ相談

妊娠中でも使える花粉症のお薬は、妊婦健診の際に医師へ相談すれば処方してもらえるでしょう。

産後は薬局にて薬剤師さんへ相談が良いと思いますが、先に述べたように、眠気の少ない飲み薬や、点鼻薬・点眼薬などを上手に併用すると良いと思います。

<参考>南山堂 母乳とくすり

子育てが7倍楽になる!妊娠中のおっぱいケア8日間無料メール講座

「赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたい」と思っているけど母乳が出るのか不安な妊婦さんに妊娠中から準備をしておくと産後の母乳と育児がスムーズになる方法をお伝えする無料メール講座ができました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です