生後1週間から生後1ヶ月までの赤ちゃん 母乳のアドバイス
母乳が出るか不安・赤ちゃんが吸うと痛い・おっぱいが詰まる を - 東京都杉並区の出張専門助産院chichi
杉並区母乳相談chichiからのお知らせ

生後1週間から生後1ヶ月までの赤ちゃん 母乳のアドバイス

● 生後1週間から生後1ヶ月までの赤ちゃん 母乳のアドバイス
 
こんにちは、佐々木美香です。
 
今日は、生後1週間から生後1ヶ月までの赤ちゃんとお母さんのために、
母乳のアドバイスをしますね。
 
 
【母乳のアドバイス】
 
・赤ちゃんに、痛みなく、かつ有効に吸ってもらえるよう練習しましょう。
 
赤ちゃんが吸うと痛みがある、というのは、出産後まもなくはある程度起こります。
 
が、痛みがおさまらない場合は、上手に吸えていない場合があり、改善できることが多いです。
 
また、授乳方法を改善することで、より母乳を飲める量が増えてきますよ。

 
・ご自身の母乳の出を把握しましょう。
 
ご出産後、病産院を退院するときには、病産院の助産師や看護師から、

「次の健診まで、赤ちゃんに母乳とミルク合わせて○○cc飲ませてください」

と指示を頂いていると思います。
 
しかし、それは退院直前の母乳の量に基づいています。
 
退院してから数日でも、母乳の出が変わってくることがあります。
 
私は第一子出産の時、退院日までは母乳が出ずミルクを利用していました。
 
しかし退院して当日の夜から、急に母乳が出るようになりましたよ。
 
母乳に移行したりミルクを減らすタイミングを逃すと、
後々の母乳の出に影響が出てしまいます。
 
 
いかがでしたか?
 
心当たりのある方は、ご自宅で母乳相談を受けられます。


生後1週間から生後1ヶ月までの赤ちゃん 母乳のアドバイスに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment