杉並区母乳相談chichiからのお知らせ
母乳が出るか不安・赤ちゃんが吸ってくれない・おっぱいが詰まる を - 東京都杉並区の出張専門助産院chichi
杉並区母乳相談chichiからのお知らせ

【空きが出ました】9月の出張母乳相談

● 【空きが出ました】9月の出張母乳相談

こんにちは、佐々木美香です。

9月26日(水)10:00-11:00

9月26日(水)13:00-14:00

出張母乳相談の空きが出ましたのでお知らせします。

仕事復帰する予定ですが、卒乳をした方がいいか迷っています。

● 仕事復帰する予定ですが、卒乳をした方がいいか迷っています。

こんにちは、佐々木美香です。

「もうすぐ仕事復帰する予定ですが、これを機に卒乳した方がいいのか、続けた方がいいのか迷っています。」

とご相談を頂きました。

お仕事復帰の時期や、現在の赤ちゃんの授乳回数、量、
離乳食など
状況に応じて、ベストな答えはひとそれぞれです。

出張母乳相談では、現在の状況を詳しくお伺いし、
お母さんと赤ちゃんにとってベストな答えをアドバイスしますよ。


母乳3割ミルク7割から、母乳8割ミルク2割へ。

● 母乳3割ミルク7割から、母乳8割ミルク2割へ。

こんにちは、佐々木美香です。

「乳頭保護器を使用していますが上手にできません。
少量でも可能な限り母乳をあげたいです!」

とご相談をいただき、生後2週間から継続的に、
ご訪問していた方からご感想をいただきました。

-----
産後2週間からお世話になり、今回の母乳相談で一区切りすることが出来ました。

ミルク混合、また扁平乳頭のため乳頭保護器使用での授乳、初めての育児の私は分からないことばかりでした。

そんな私に適切なミルクの量や保護器を外すための授乳練習等、その時々に応じた適切なアドバイスをいただきました。

今では直母乳が増え、ミルクの量も減らすことができ、まだまだ頻回授乳ではありますが、授乳が安定したように思います。

また授乳だけでなく、睡眠等生活において直面する様々な不安にもアドバイスしていただき、その都度解決していただきました。

本当に感謝しております。

ありがとうございました!
-----

ご感想をお寄せいただき、ありがとうございました。

初めてお会いした時は、母乳とミルクの割合は3:7くらいでした。

乳頭保護器を上手に使用できるようになるところからスタートし、赤ちゃんが育ったタイミングで保護器を使用しない授乳を練習し、母乳を増やすために一緒に頑張ってきましたよ。

そして、今では母乳とミルクの割合は逆転し、母乳8割まで増加しました。

赤ちゃんの体重増加がずっと順調であったこともすばらしかったです。

生後1か月の赤ちゃん 母乳のアドバイス

● 生後1か月の赤ちゃん 母乳のアドバイス

こんにちは、佐々木美香です。

今日は生後1か月を迎えた赤ちゃんとそのお母さんのために、
母乳のアドバイスをしますね。


【母乳のアドバイス】

・ご自身の母乳の出を把握しましょう。

1か月健診で、赤ちゃんの体重はしっかりと増え、
お母さんの健診も問題ないと言われた方は多いかと思います。

でも、ご自身の母乳の量を見ていただいた方はいらっしゃいますか?

出産後すぐと1ヶ月健診時では、母乳の出も赤ちゃんの飲める量も変わっていると思います。

母乳が出ている量、赤ちゃんが飲めている量を把握し、
これからどうしていきたいかを相談しましょう。


・腱鞘炎にならないよう、予防をしましょう。

赤ちゃんが生まれてから1か月、毎日一生懸命母乳をあげて、
オムツを変えて、抱っこして、と頑張ってきましたね。

1か月を過ぎてふと、手首に痛みや違和感を覚えた方もいらっしゃると思います。

一日何回も行う授乳が、手首に負担をかけていることが多いのです。

今までは新生児の頃と同じように授乳をしていたと思います。

しかし、生まれた時から約1キロも重くなった赤ちゃんには、
そろそろ楽な姿勢で授乳をする必要が出てきますよ。


いかがでしたか?

心当たりのある方は、ご自宅で母乳相談を受けられます。

生後1週間から生後1ヶ月までの赤ちゃん 母乳のアドバイス

● 生後1週間から生後1ヶ月までの赤ちゃん 母乳のアドバイス
 
こんにちは、佐々木美香です。
 
今日は、生後1週間から生後1ヶ月までの赤ちゃんとお母さんのために、
母乳のアドバイスをしますね。
 
 
【母乳のアドバイス】
 
・赤ちゃんに、痛みなく、かつ有効に吸ってもらえるよう練習しましょう。
 
赤ちゃんが吸うと痛みがある、というのは、出産後まもなくはある程度起こります。
 
が、痛みがおさまらない場合は、上手に吸えていない場合があり、改善できることが多いです。
 
また、授乳方法を改善することで、より母乳を飲める量が増えてきますよ。

 
・ご自身の母乳の出を把握しましょう。
 
ご出産後、病産院を退院するときには、病産院の助産師や看護師から、

「次の健診まで、赤ちゃんに母乳とミルク合わせて○○cc飲ませてください」

と指示を頂いていると思います。
 
しかし、それは退院直前の母乳の量に基づいています。
 
退院してから数日でも、母乳の出が変わってくることがあります。
 
私は第一子出産の時、退院日までは母乳が出ずミルクを利用していました。
 
しかし退院して当日の夜から、急に母乳が出るようになりましたよ。
 
母乳に移行したりミルクを減らすタイミングを逃すと、
後々の母乳の出に影響が出てしまいます。
 
 
いかがでしたか?
 
心当たりのある方は、ご自宅で母乳相談を受けられます。

赤ちゃんの舌が短いと言われた方への対応

● 赤ちゃんの舌が短いと言われた方への対応

こんにちは、佐々木美香です。

「赤ちゃんの舌が短いと言われたので、母乳を飲めているのか不安です。」

このようなご相談を頂き、出張母乳相談にお伺いしました。

ご感想を頂きましたので、ご紹介しますね。

-----

母乳がどれだけ出ているか不安だったのですが、実際に測定して頂き、
ミルクを足す量についても細かくアドバイス頂いて、とても助かりました。

又、それ以外の育児相談にも丁寧にご対応下さり、大変参考になりました。

-----

ご感想をお寄せいただき、ありがとうございました。

私達が身長や体重、手の長さや足の長さが
人それぞれ違うように、舌の長さも人それぞれ違います。

母乳を飲むことができるかどうかは、
赤ちゃんの舌だけでなく
お母さんのおっぱいとのバランスにもよりますよ。

出張母乳相談では、赤ちゃんが母乳やミルクを
必要な分だけ飲むことができているか、確認しアドバイス致します。
赤ちゃんを母乳ですくすくと大きくそだててあげられます!

出産した産院に母乳外来がない方、産院の母乳外来が遠い方のご相談を承っています。

● 出産した産院に母乳外来がない方、産院の母乳外来が遠い方のご相談を承っています。

こんにちは、佐々木美香です。

私は東京都杉並区で、出張専門の助産院を開業しております。

出張での母乳相談、出張での妊婦相談を承っています。


【こんな方にお勧めです】

・出産した産院に助産師外来や母乳外来がない方

・産院の母乳外来は遠くて通えない方

・里帰りから戻られた方

・1か月健診前などで、赤ちゃん連れで外出するのが難しい方


【出張での母乳相談、妊婦相談のメリット】

・ご自宅への訪問ですので、お出かけする手間がありません。

・ご自宅でお話を伺うので、プライバシーが守られます。

・赤ちゃんもお母さんもリラックスしてお話したり、授乳をすることができます。


混合栄養でミルクをどのくらい足せばよいかわからなくなってしまいました。

● 混合栄養でミルクをどのくらい足せばよいかわからなくなってしまいました。

こんにちは、佐々木美香です。

先日の出張母乳相談は、生後1か月のお子様をお持ちの方から、

「1か月健診まで混合栄養で授乳していたけれど、
今後はミルクをどどの程度足していけばよいかわからなくなってしまいました。」

とご相談を頂き、訪問してまいりました。

ご感想をいただきましたのでご紹介しますね。

-----
先日は相談に応じていただきありがとうございました。
これから母乳育児がより良くなるように頑張りたいですので
色々教えて頂けるとうれしいです。
よろしくお願いします。
-----

ご感想をお寄せいただき、ありがとうございました。

出産後、退院してすぐの頃よりも、
1か月健診後は赤ちゃんの飲む量も増えていますし、
母乳の量も増えていることも多いものです。

ただ、今までミルクを足しながら授乳してきて、
これからどのようにしていけばよいかはひとそれぞれ異なります。

お子さんとママお二人の状況を、しっかりとお伺いし
お二人に合った方法をアドバイスします。

ホームページのデザインが変わりました。

● ホームページのデザインが変わりました。

こんにちは、佐々木美香です。

お気づきになった方もいらっしゃるかもしれませんが、
ホームページのデザインが少々変わりました。

いかがでしょうか?

URL やメールアドレス、出張母乳相談、出張妊婦相談のお申し込み方法などは、
今までと変わりません。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

【キャンセルがありました】9月の出張母乳相談

● 【キャンセルがありました】9月の出張母乳相談

こんにちは、佐々木美香です。

9月5日㈬10:00-11:00

出張母乳相談のキャンセルがありましたのでお知らせします。